トイレがつまった時の対処法

それでは、トイレがつまった場合、自分で対処することはできないのでしょうか。クラシアンのような業者に依頼するのがスピーディで確実ではあるものの、トイレがつまった場合に自分で対処できる場合も多くあります。ここでは、トイレがつまった場合の自分での対処法としてどのようなものがあるのかを紹介します。

トイレがつまった場合、まずもっとも簡単に行える対処法として、「水を多く流す」というものがあります。つまってしまっているため水は流れていきませんが、便座の中に入っている水の量が多くなれば、水圧も強くなるのでつまりが解消され、一気に流れていく場合もあります。

ただし、トイレがつまったときにこの方法で対処をしようとして、結局流れていかなかった場合、暫くトイレの中に水が満杯になってしまうため、その他の対処法が取りにくくなってしまいます。バケツなどを用意して、場合によっては汲み出せるようにしておくと良いでしょう。

トイレがつまった場合、専用の道具を持っていることで簡単に直せる場合もあります。ラバーカップという、ゴムの道具を使うことで、空気圧を利用してつまりを解消できることがあります。トイレがつまったというトラブルが起こりやすい人は、用意しておくと良いでしょう。